美容栄養学の専門家*池上淳子の深堀り情報ブログ

美容栄養学の専門家、池上淳子のブログです。管理栄養士、美容食インストラクター、美容栄養学専門士 多くの方の健康増進、美容、食生活に役立つ情報をお届けします。

食事と病気の関係性

食べ過ぎによる疾病リスク

食べ過ぎで、エネルギーの摂取過剰となり体脂肪の合成、蓄積が進み、肥満になる。特に腹空内脂肪蓄積型肥満では門脈(腸から肝臓へ伸びている静脈で腸から吸収された栄養が通るところ)周辺に脂肪が蓄積する。すると、膵臓から分泌されるインスリンの作用が低下するインス リン抵抗性が出現し、2型糖尿病を発生しやすくする。その一方で、インスリン抵抗性の代償として高インスリン血症が起こり、インスリンの作用によって様々な生活習慣病が発症する。例えばナトリウムの腎臓での再吸収を促進したり、インスリン自体が血管壁細胞の増殖を促進し、肥厚、内腔の狭窄をもたらし、高血圧症を引き起こす。エネルギーの過剰摂取と高インスリン血症により、中性脂肪コレステロールの合成が亢進し、脂質異常症を発症させることにもなる。 過食により肝臓での中性脂肪やアポ蛋白の合成が促進されると、VLDLの流出が促進されるが、この際に、アポ蛋白の供給量が不足すると中性脂肪が蓄積して肝臓内に脂肪滴が出現して脂肪肝も形成される。

食の欧米化による疾病リスク

戦後から今日まで、日本人は欧米食の影響を強く受け、米の摂取を減少させ、副食を増加させてきた。その 結果、脂質、動物性脂質、動物性タンパク質が増大し、炭水化物や食物繊維等の摂取量が減少した。これらは、戦前、戦後にみられたタンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルの不足を解決するために有効であった。ところが、近年見られるような極端な欧米化は、肥満、脂質異常症、糖尿病、動脈硬化、大腸ガン、便秘症等の生活習慣病の誘因となったのである。 特に脂質の過剰摂取は、脂質異常症動脈硬化の発症に関与している事が多くの調査、研究により明らか にされている。

サラダ油はご注意!

脂質異常症には、様々なタイプがあり、日ごろの食事が油料理や脂身のついた肉、バターなどを好んで食べていると起こるものやコレステロールの増加によりみられるものなど様々である。コレステロール飽和脂肪酸トランス脂肪酸の摂り過ぎが血清コレステロール値を上昇させ、植物油の多い不飽和脂肪酸コレステロール値を低下させる作用があると言われており、今でも植物油を増加することが推奨されていたりする。しかし植物油を増やすことが循環器系疾患の予防に有効ではないことも分かってきている。サラダ油に多いリノール酸は摂り過ぎると、HDL-コレステロールを低くする働きがあり、動脈硬化のリスクを高める。但し、オリーブオイルなどに多いオレイン酸は血清コレステロール値の低下作用があり、HDL-コレステロール値は低下させない。

美容ダイエット食事の仕事をめざす資格|日本ビューティーヘルス協会

朝は太りにくい時間帯、好きなものを食べるチャンス!!

ヒトは分けて食べる動物

動物により、食べ方はそれぞれ異なる。例えばライオンは1日1食をまとめ食いする。ヒトは1日に何回も分けて食事を摂る。ヒトがライオンのように1日1食でまとめ食いをすると、様々な不具合が生じる

1日1食で肥満や病気になる

1日1食のまとめ食いをすると、肝臓及び脂肪組織での脂肪酸をつくる酵素活性が上昇し、肝臓での中性脂肪コレステロール合成が増大する。つまり、1日に摂るエネルギー量が同じであっても、食事回数が少なくなるほど体脂肪の蓄積が増加し、肥満を引き起こす。血清コレステロール中性脂肪が高くなり、生活習慣病を引き起こす要因となる。

朝食欠食によるエネルギー、栄養不足

朝食欠食は脳や神経系へのエネルギー補給にも問題である。1日の基礎代謝のエネルギー代謝量は、脳や肝臓がそれぞれ20%程度になっており、多量にエネルギーを消費する器官である。特に脳はエネルギー源としてブドウ糖を優先して使用する。糖質は、グリコーゲンとして筋肉と肝臓に貯蔵しているが、肝臓に貯蔵される量は約400gと少ない。その為にヒトは1日に3回に分けて食べることで、血糖を保ってこれらの臓器にブドウ糖を供給し続けている。朝食欠食をすると午前中の血糖が上がらず、脳や神経系へのエネルギー供給が不十分になる。 午前中のエネルギー補給だけではなく、他の栄養素の補給も困難となり、体調が悪く不定愁訴が多くなる。 

 朝食は好きなものを食べるチャンスの時間

また脂肪の代謝には副腎皮質ホルモンであるコルチゾールの分泌が関わっている。コルチゾールは朝に多く、夜間に低く分泌される。つまり朝食は多く食べ過ぎても太りにくいが、夜は太りやすくなるということである。しかし、朝食欠食者は非常に多い。その理由は様々で、時間が無い、面倒くさい、長年の習慣などがあるが、お腹が空かないという事も良く言われている。生活リズムの乱れで、夕食に大量に食べ過ぎていたり、夜食を食べたりすることで、朝にキチンと空腹感をもつことができない場合が多い。

eiyo-c.com

運動時のエネルギー代謝について

  • エネルギー代謝のしくみ
  • 運動をする際のエネルギー代謝
  • 3つのエネルギー供給系
  • ATP-PCr
  • 解糖系
  • 有酸素系(酸化系)
  • 運動時のエネルギー供給系の関与
  • 競技スポーツ別5つ
    • ①瞬発系競技
    • ②持久系競技
    • ③球技系競技
    • ④審美系競技
    • ⑤格闘技競技
  • 最後に

 

エネルギー代謝のしくみ

 


生体では高エネルギーリン酸化合物のアデノシン三リン酸(ATP)からエネルギーを得ている。このATPはアデニン(プリン塩基)とリボース(五炭糖)が結合してできるアデノシンに無機リン酸(Pi)が3つ結合して構成しており、体内にある全細胞の直接的エネルギー源である。

ATPからPiが1つ分離し、アデノシン二リン酸(ADP)とPiに分解される時に、生体で用いられているエネルギーが放出される。このエネルギーは全身で、熱や体温、消化、内分泌、神経伝達など、生命活動を維持するために常時利用されている。たとえ、安静時であってもATPは常に分解され生命維持の為のエネルギー供給がされている。

続きを読む

顔のたるみを改善☆表情筋を鍛える方法

  • 表情ジワとは
  • 表情筋の機能低下
  • 表情筋の鍛え方

 

表情ジワとは

 

表情に伴い現れる一過性のシワは、加齢と共に増加する。無表情に戻った時には消えるシワだが、加齢により、無表情時でも皮膚に刻まれた定着シワの事を表情ジワと言う。

表情により皮膚の表面にヨレが生じ、シワが形成される。これは一時の事であるが、繰り返されることで次第にヨレが皮膚に定着し、無表情時でも見られるようになる。これを定着シワとも言う。

続きを読む

ぶら下がり健康法は身長伸びる?

  • 10代のギモン
  • 椎間板を延ばして一時的に身長が伸びる
  • ぶら下がり伸長法について
  • 椎間板が伸びている
  • 姿勢が改善されている
  • まとめ

 

10代のギモン

・毎時間背伸びをすれば身長が伸びるって本当ですか?
・正座した姿勢のまま後ろに倒れると身長が伸びるって本当?
・ピーンとのびながら寝ると身長伸びるの?
・鉄棒にぶらさがると身長が伸びるって本当?
・足って引っ張れば本当に長くなる?身長伸びる?

続きを読む

骨と筋肉強化と貧血の相反する現実

  • 10代のギモン
    • 「かかとをたたくと背が伸びる?」
    • 「朝起きてすぐジャンプすると背が伸びる?」
  • 骨強化・筋肉強化に良い、かかと落とし
  • スポーツ選手のジャンプの刺激による影響
  • かかと落とし程度の軽い運動で成長ホルモンが増える事は考えにくい。
  • 衝撃によるスポーツ貧血の懸念
  • まとめ

 

10代のギモン

 

「かかとをたたくと背が伸びる?」

「朝起きてすぐジャンプすると背が伸びる?」

10代女子からの質問
成長期にとって、背を高くしたいという気持ちが高く、色々な噂話を試してみたりしている場合が多いらしい。
「かかと落とし」は有名な10代の女性モデルが実際に毎日やっていて、少なからず世に影響を及ぼした。

続きを読む

タンパク質の体内における働きの重要性と摂取量

  • タンパク質とは
  • タンパク質の合成と分解
  • タンパク質の欠乏が招く健康被害
  • 体タンパク質の機能
    • 1構造タンパク質
    • 2酵素タンパク質
    • 3輸送タンパク質
    • 4収縮、運動タンパク質
    • 5防御タンパク質
    • 6調整タンパク質
    • 7受容体タンパク質
  • エネルギー不足によるタンパク質合成の低下
  • タンパク質の摂取量
  • 最後に

 

タンパク質とは

 

 タンパク質は生命維持に必要な最も基本的な物質で組織の構築や様々な機能を果たしています。

 体タンパク質の合成に必要なアミノ酸の中でも必須アミノ酸9種類は食事から摂らないといけません。食事中のタンパク質は消化管で消化された後、アミノ酸や低分子ペプチドとして吸収されます。吸収された低分子ペプチドは速やかに分解されてアミノ酸になり、生体内のタンパク質や生体機能物質の材料として利用されます。

続きを読む