美容栄養学の専門家*池上淳子の深堀り情報ブログ

美容栄養学の専門家、池上淳子のブログです。管理栄養士、美容食インストラクター、美容栄養学専門士 多くの方の健康増進、美容、食生活に役立つ情報をお届けします。

ぶら下がり健康法は身長伸びる?

  • 10代のギモン
  • 椎間板を延ばして一時的に身長が伸びる
  • ぶら下がり伸長法について
  • 椎間板が伸びている
  • 姿勢が改善されている
  • まとめ

 

10代のギモン

・毎時間背伸びをすれば身長が伸びるって本当ですか?
・正座した姿勢のまま後ろに倒れると身長が伸びるって本当?
・ピーンとのびながら寝ると身長伸びるの?
・鉄棒にぶらさがると身長が伸びるって本当?
・足って引っ張れば本当に長くなる?身長伸びる?

続きを読む

骨と筋肉強化と貧血の相反する現実

  • 10代のギモン
    • 「かかとをたたくと背が伸びる?」
    • 「朝起きてすぐジャンプすると背が伸びる?」
  • 骨強化・筋肉強化に良い、かかと落とし
  • スポーツ選手のジャンプの刺激による影響
  • かかと落とし程度の軽い運動で成長ホルモンが増える事は考えにくい。
  • 衝撃によるスポーツ貧血の懸念
  • まとめ

 

10代のギモン

 

「かかとをたたくと背が伸びる?」

「朝起きてすぐジャンプすると背が伸びる?」

10代女子からの質問
成長期にとって、背を高くしたいという気持ちが高く、色々な噂話を試してみたりしている場合が多いらしい。
「かかと落とし」は有名な10代の女性モデルが実際に毎日やっていて、少なからず世に影響を及ぼした。

続きを読む

タンパク質の体内における働きの重要性と摂取量

  • タンパク質とは
  • タンパク質の合成と分解
  • タンパク質の欠乏が招く健康被害
  • 体タンパク質の機能
    • 1構造タンパク質
    • 2酵素タンパク質
    • 3輸送タンパク質
    • 4収縮、運動タンパク質
    • 5防御タンパク質
    • 6調整タンパク質
    • 7受容体タンパク質
  • エネルギー不足によるタンパク質合成の低下
  • タンパク質の摂取量
  • 最後に

 

タンパク質とは

 

 タンパク質は生命維持に必要な最も基本的な物質で組織の構築や様々な機能を果たしています。

 体タンパク質の合成に必要なアミノ酸の中でも必須アミノ酸9種類は食事から摂らないといけません。食事中のタンパク質は消化管で消化された後、アミノ酸や低分子ペプチドとして吸収されます。吸収された低分子ペプチドは速やかに分解されてアミノ酸になり、生体内のタンパク質や生体機能物質の材料として利用されます。

続きを読む

夫をあの世行きにする10箇条

1974年、ハーバード大学公衆衛生学部教授のジーン・メイヤー博士が発表した「夫をあの世行きにする10箇条」。

なんだか怖いタイトルだが、ジーン・メイヤー博士は栄養、肥満、飢餓問題の世界的研究者。

是非多くの方に参考にして頂きたい内容である。

  •  
  • 1. どんどん太らせましょう。
  • 3.肉やパンをたっぷり食べさせましょう。
  • 4.塩をよくきかせて濃い味に慣れさせましょう。
  • 5.寝る前にコーヒーを飲ませましょう。
  • 6.お酒は好きなだけ飲ませましょう。
  • 7.もちろん、タバコも切らせてはいけません。
  • 8.リラックスは禁物です。
  • 9.夜ふかしして夜遅くまで寝させないようにしましょう。
  • 10.毎日文句を言って困らせましょう。

 

 

続きを読む

肥満の原因は脂肪or糖質orタンパク質、どれ?

  • 1.エネルギーとは
  • 2.エネルギーの貯蔵
  • 3.食べた油がカラダの脂肪になる訳ではない
  • 4.太る原因はなに?
  • 5.糖質(炭水化物)が太る原因?
  • 6.肥満の原因は脂肪or糖質orタンパク質 

 

1.エネルギーとは

 

人は生きていく中で、エネルギーが必要である。車のガソリンのようなもので、単位はkcal(キロカロリー)で表現される。多くの栄養素の中で、エネルギー源になるものは3大栄養素と言われている糖質、タンパク質、脂肪の3つである。

脂肪は、生物が利用できる他のエネルギー源で、糖質やタンパク質と比べて、同じ重さ当たりに含まれているエネルギーが大きい。糖質やタンパク質は1gあたり4kcalに対して、脂肪は1gあたり9kcalである。

動物の重要なエネルギー貯蔵物質のひとつである グリコーゲンは、グルコースが多数連なったものであり、生体内では多くの水分子と結合している為、重くなる。

続きを読む

注目の成分「β-グルカン」

 

 

β-グルカン

難消化性多糖類

グルカンとはD-グルコースグリコシド結合で連なった多糖で、グルカンの中でグルコース分子のつながりがα型のものをα-グルカン、β型のつながりをもつものをβ-グルカンと分類されている。

 

きのこ類

 

きのこに含まれるβ-グルカンは不溶性食物繊維、セルロース

β1-3結合(直鎖)にβ1-6結合(側鎖)がある構造をしている。

続きを読む

揚げ物のお供はウーロン茶⁉

  • ウーロン茶とは
  • 黒ウーロン茶のダイエット効果
  • 黒ウーロン茶を飲むタイミングと量

 

ウーロン茶は揚げ物などの油ものと一緒に摂ると食べ物の脂肪・油を流してくれる・・という表現がよく見受けられます。

果たしてウーロン茶に脂肪を流す作用はあるのでしょうか?

続きを読む