美容&ダイエットの栄養学

食事管理トレーナー池上淳子のブログです。管理栄養士、美容食インストラクター、美容栄養学専門士 多くの方の健康増進、美容、食生活に役立つ情報をお届けします。

女性に起こりやすい摂食障害

f:id:beautyfood:20180805130335j:plain

管理栄養士として、日々栄養指導、保健指導、講義をしていてつくづく思うこと

 

女性は摂食障害に陥りやすい

 

拒食症や過食症

 

容姿、体型へのコンプレックスが男性に対して遥かに高い

 

過去、摂食障害だった人

 

今も、摂食障害の人

 

摂食障害までいかなくても容姿や体型でストレスになりホルモンバランスを崩す人

 

これは・・明らかに心の病

 

きっかけは些細なこと

 

好きな人に言われたひと言

 

憧れの人とのギャップ

 

・・

 

自分を変えたい

 

自分が醜い そんな気持ちが大きくなる

 

体重が数十キロを上下する苦しみ

 

菓子パン、数十個食べて嘔吐する苦しみ

 

嘔吐で歯が溶けて20代で入れ歯をする哀しみ

 

それでも食べるコトが怖い

 

糖質を恐れて人参が食べられない

 

身体は食べ物で作られている

 

誕生日のほど近い女の子の赤ちゃんが2人

 

ミルクを同じ時間に同じ量を飲んでいても体型は全く違う

 

そう、私たちは一人一人違う

 

私は栄養学を学び、伝えている

 

多くは動物実験でのレベル

 

そのエビデンスが万人に当てはまるわけがない

 

あくまでも参考のひとつ

 

みんな違う

 一人一人の個性は理想の体重ではなく、その人が一番体調の良い状態が保たれていること

 

暴飲暴食せず、三食の食事を摂る

 

そして身体の調整は活動量で調整する

 

これはひとつの方法に過ぎない

 

極端な食事の制限は心を殺してしまう

 

食事管理は簡単ではない

 

私たちは命を維持する為に食事を摂っているから

 

摂食障害は簡単に治らない

 

けれど、必ず出口はあると信じて

 

毎日、美味しいを積み重ねて

 

経験に無駄はないから

 

食事について、美容について本気に学ぶならこちら